shiofune woof222.jpg

2010年07月21日

◇市販ペットフードの製造T(#Cha30-22)◇

こんにちは。
すずしおかわいいでっす。

いやぁ、昨日は暑かったですねぇ。
外に出ると、「むぉ〜〜〜〜ん」って感じでした。


★チャレンジ30days(Vol.2)
【小動物の臨床栄養学「キニナルページの要約」】
_00001_m.gif

ひらめきチャレンジ30days(22/30)
■第4章 市販ペットフードの製造

大抵の市販のドライペットフードは一定量の材料を1つの釜(タンク)単位
で製造する方法(バッチシステム)を用いて製造されている。

★市販のドライペットフード製造工程の模式図

生の原材料 → パッチへの投入 → 粉砕 前調整 → エクストルード

→ 切断 → 乾燥 → 製造のクズの除去 → コーティング

→ 冷却 → 包装

前々から気になっていた【エクルトルーダー】
大抵のドライフードがエクストルーダーで作られていると聞いた?読んだ?
ことがあった。

こんな流れになってるらしい。
4.jpg


手(グー)前調整機部分

1.jpg


手(チョキ)エクストルーダー(単一らせん軸式)
2.jpg


手(パー)末端部のダイ・プレートに装着するダイ

これで、フードの形が決まるんだねっ!
3.jpg


手(グー)回転式コーティングドラム

ドライフードに油脂やフレーバーを付着させるためのもの。
矢印部分から適切なコーティング剤を噴射する。
ドラムの回転によってペレット粒子相互にコーティングされていく。
5.jpg

ドライフードができる工程って見てみたいってずっと思っている。
見学ツアーとか無いですかねぇ?


6.jpg




ダイエット大作戦132日目。
初日から3900g減!あと6000gは減って欲しい(-.-)



ひらめきこちらから「犬ご飯」がいっぱい探せます



なんと、現在1位になってた。 

ありがとうございますぅ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ








posted by すずしお at 08:15| Comment(4) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。