shiofune woof222.jpg

2010年06月15日

◇自家製ペットフードを作るPartU(#Cha30-11)◇

こんにちは。
すずしおかわいいでっす。

このタイトルは、皆さんがとってもキニナルところなのか
やけにアクセスが多かったように思いまっす。

すずしおかわいいのブログのモットー

手(チョキ)最後に「プププっ」って笑っちゃう。
手(チョキ)文章は、短く。
手(チョキ)親ばか満載。
手(チョキ)たまには、タメになる犬情報を。

こんなことを思って書いてまっす。
1.jpg


★チャレンジ30days(Vol.2)
【小動物の臨床栄養学「キニナルページの要約」】
_00001_m.gif


ひらめきチャレンジ30days(11/30)
■第6章 自家製ペットフードを作る PartU

≪市販ペットフードの一般的肉成分のためのAAFCOの定義≫

ちなみにAAFCO(アアフコ)とは・・・
「米国資料検査官協会」のことね。
米国のペットフードに対する規制を行う公式機関のこと。

ペットフードのことになると必ず「AAFCO基準による」みたいなことが書いてあるはず。


昨日のブログで、

***********************************************************
5.市販フード中の「副産物」などの成分を恐れている。
そもそも、「副産物」ってな〜にって感じでした。
副産物:人間が通常食べる肉以外 てなことを知った時ぞっとした(@_@;)
************************************************************

って書いたんだけど、『すずしおの理解の間違い?』((+_+))って思ったことが書いてあった・・・。

これね。
≪市販ペットフードの一般的肉成分のためのAAFCOの定義≫

肉の副産物

肉の副産物は、と哺乳類に由来する肉以外の廃棄されない清浄な部分である。
これには、肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、部分的に脂肪を除いた
低脂肪組織、および内容物を取り除い低温脂肪組織、および内容物を
取り除いた胃や腸が含まれるが、これらに限らない。
被毛、角、歯、蹄(ひづめ)は含まれない。
動物用フードへの使用にてきしていなければならない。


何が間違いかって、AAFCOではきちんと定義されているのに
副産物が入っているものは「ダメじゃん!」って思ってた自分。


しか〜〜〜し、

実際に定義通りに使われているかがわからない。

ココが問題なのではって思ってしまう。

使われてるかもしれないし、使われてないかもしれない。

2.jpg


その他の定義も書いておこ。



肉は、と哺乳類に由来する清浄な肉の部分で、骨格横紋筋、あるいは舌
横隔膜、心臓、食道の筋肉に限られる。
肉に正常に付随する脂肪、皮膚の一部、軒、神経、血管はあってもなくても良い。
動物用フードへの使用に適していなければならない。


肉粉

肉粉は、哺乳類の組織から廃棄された産物で、適正な加工過程を経て
残留が不可避な量を超えて余分な血液、被毛、蹄、角、切り取った皮
厩肥(きゅうひ)、胃および瘤胃の内容物は含まない。
この定義に該当しない余分な外来物を含んでいてはならない。
カルシウム濃度は実際のリン濃度を2.2倍以上上回ってはならない。
また、ペプシン不消化物の残留を12%以上含んでいてはならず、
製品中の粗たんぱくの9%以上がペプシン不消化であってはならない。


肉および骨粉

肉および骨粉は哺乳類の組織から廃棄された産物で骨を含み
適正な加工過程を経て残留が不可避な量を超えて余分な血液、被毛
蹄、角蹄、角、切り取った皮、厩肥(きゅうひ)、胃および瘤胃の
内容物は含まない。
この定義に該当しない余分な外来物を含んでいてはならない。
最低4.0%のリンをふくんでいなければならず、カルシウム濃度は実施の
リン濃度を2.2倍以上上回ってはならない。ペプシン不消化物の残留を
12%以上含んでいてはならず、製品中のペプシン不消化粗蛋白は9%未満
でなければならない。

※厩肥:糞尿や敷き料(藁、おがくずなど)を堆積腐熟させたもの




また、超長くなった。

【自家製ペットフードを作る】の内容まで全然いかないじゃん(-_-;)







ダイエット大作戦95日目。
初日から4400g減!飲みいった次の日は体重が落ちるなぁ。



ひらめきこちらから「犬ご飯」がいっぱい探せます



現在1位るんるん 
ありがとうございます。

ポチっとよろしくお願いいたしまっす。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ





posted by すずしお at 08:07| Comment(3) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。